意外と面倒!?大型オナホの洗い方、洗浄方法を徹底解説!

大型据え置きオナホールで一番面倒な作業・・・それが使用後の洗浄です。

しかし、洗浄をしっかりやっておかないと穴の中で雑菌が繁殖してしまったり、オナホールが痛んでしまったり、長時間放置しておくとカビが生えてダメになってしまう原因になります。

またホール内が汚い状態で使用してしまうと亀頭が炎症を起こしてしまう可能性もあり衛生的にもよくありません。

そのため、ここでは一体、大型据え置きオナホールをどう洗っていくのが良いのか、洗浄方法について詳しく解説いたします。

一般的に穴がない無次元加工、また穴の奥行きが長いことから洗いにくい事で知られているNPGの「極上生腰」を使って解説します。次の大型据え置きオナホールのメンテナンス方法に関する記事でも紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

大型据え置きオナホールの洗浄方法

僕の家はユニットバスなので、バスタブ横の小さな洗面台でいつもやっている洗浄方法を解説します。

まず、洗面台を綺麗に掃除します。

なぜかと言うと、極上生腰をこの洗面台に置いて洗うためです。洗面台の表面には雑菌が繁殖しやすいので、ここが汚れているといくらオナホールを洗ったところで、洗浄が終わった後で雑菌がついてしまう可能性があります。

そのため、まずは洗面台をマジックリンで洗浄して綺麗にしておきます。

綺麗にした洗面台に、大型据え置きオナホールを置きます。

大型据え置きオナホールに液体オナクリーン(※)をかけ、まずは表面を手で洗っていきます。

もし液体オナクリーンが無い場合には、ボディーソープなどで構いません。

次に、ヴァギナ側、アナル側の穴の中を洗っていきます。

まずは液体オナクリーンを穴の中に入れ、指をつっこみながら内壁を洗っていきます。

指が穴の奥まで届くのであれば良いですが、届かない場合には、指に続いてこれを使います。

この歯ブラシ(やわらかめ)をヴァギナ側の穴につっこみ洗っていきます。

アナル側の穴も同様に洗っていきましょう。

洗い終わったらぬるま湯でしっかりと流します。

何も洗浄グッズを持っていない場合には、次の図のようにシャワーヘッドをヴァギナ側、アナル側に当てて洗います。

シャワーヘッドが外せる場合には、シャワーヘッドを外し、ヴァギナ側、アナル側の穴に突っ込んで洗浄するのもOKです。僕の場合にはシャワーヘッドが外せないのでこの方法を取っています。

しかし極上生腰のように穴の無い無次元加工の場合には、これだけでは流し足りない可能性もあるので、次の画像のように、スーパーウォッシュという洗浄グッズがあると便利です。

このスーパーウォッシュを水を入れたペットボトルに接続して、穴に突っ込み、ペットボトルをギュッっと凹ませて勢いよく水を注入します。

こうすることで穴の奥までしっかりと流すことができます。

アナル側もしっかりとスーパーウォッシュで流します。

最後に軽く水で表面と穴を流したら、洗浄完了です。

乾いた清潔なタオルの上でしっかりと水分を拭き取りましょう。

これで大型据え置きオナホールの洗浄は完了です。

大型据え置きオナホールの洗浄にあると便利なアイテム

洗浄の所用時間は慣れれば約5分程度ですが、まぁ何も道具が無いと面倒です。

洗いにくい極上生腰なんかだと特にストレスになります。

そんな洗浄を効率的に行うために、僕は次のようなアイテムを使っています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!