安定感抜群!どこでもプニまんSPDXの魅力!口コミや評判は?

メーカー タマトイズ
シリーズ どこでもプニまんシリーズ
種類 骨盤・腰型(非貫通)
サイズ 縦21cm、幅22cm、高さ6cm
重量 約1.6kg
スリーサイズ
穴の数 1個
穴の特徴 イボを中心とした直線構造(二重構造)
ぐちょ濡れ名器極の特徴
  • 種付けプレスが体験できる
  • 底面が広く安定感抜群
  • ロリ系のスジマン、くぱぁ造形
  • 股をM字に開いた時の股間の骨の形状
  • 二重構造の穴

どこでもプニまんSPDXってどんな大型オナホール?

どこでもプニまんSPDXはタマトイズが販売する骨盤・腰型の大型据え置きオナホールです。

形状的に「床オナ式名器」を彷彿とさせる底面が広い構造が特徴です。

重量は約1.6kgと大型にしてはコンパクトなサイズ感です。

また「床オナ式名器」のように床オナ専用仕様ではありませんが、仰向け状態でM字開脚した女性の上に覆い被さり、中出しをする行為である「種付けプレス」を行うことができるオナホールとして有名です。

特に股間の横にある骨のラインが特徴的で、床オナが好きな人にも「床オナ用のオナホール」として愛用されています。

床オナスタイルの挿入であれば問題ないのですが、正常位のような感じで挿入しようとすると穴の位置が低すぎるため枕などで高さ調整をしてプレイするのがおすすめです。

どこでもプニまんSPDXの穴の特徴

どこでもプニまんSPDXは1穴仕様で、イボが中心の二重構造となっています。

かなりシンプルな内部構造ですがきちんと刺激はあり、挿入感の評価は高いと言えます。

どこでもプニまんSPDXの口コミ・レビューをまとめてみました

まずは僕のレビューは次の通りです。

オナホ太郎
完全に床オナ仕様のオナホールと言っていいと思います。造形はあの浮き出た骨がかなり個人的にそそりました。また挿入は完全に床オナの要領で挿入する以外は入れづらくなっています。刺激は思ったより強く、個人的にはかなり気持ちよく抜けた感があります。またコスパも5,000円以下で非常に良いので、床オナが好きな人にとっては「床オナ式名器」以外の選択肢の1つとして考えられる商品なのではないでしょうか。ただ、個人的に僕は腰痛持ちなので床オナはかなり腰がきついです(笑)

オナホールの好みは人それぞれ違います。

そのため、アンケート調査やWeb調査などで、あがっているぐちょ濡れ名器極の口コミやレビューを「使用感・質感」「造形」「メンテナンス」という観点で、簡単にまとめてみました。

口コミを総括すると、やはり「床オナ」の要領ではないと使いにくいという口コミが多い傾向がありました。

「床オナ」と聞くと「床オナ式名器」シリーズがパッと思い浮かびますが、選択肢の1つとしてコスパの非常に良いどこでもプニまんSPDXも入れてみても良いのかもしれませんね!

どこでもプニまんSPDXの使用感・造形に関する口コミ・レビュー

どこでもプニまんSPDXの使用感・造形に関する口コミ・レビュー

・入り口がきつく挿入しにくい。


・床オナのような感じで入れないと入れにくい。正常位はやりづらく、できなくはないが途中であそこが穴から抜けてしまう。


・性器をこちらに開いているような感じがなんともエロい。


・床オナのように接地部分に愚息をすりつけるような体制での使用がベスト。


・内部構造は僕にとっては少しゆるくあまり刺激を感じませんでした、リアル志向の挿入感なのかなと思いました。

どこでもプニまんSPDXの質感・メンテナンスに関する口コミ・レビュー

どこでもプニまんSPDXの質感・メンテナンスに関する口コミ・レビュー

・臭いは若干あるが、気になるほどではない。ベタつき感はほとんどなく、むしろサラサラした肌触りのよい素材です。

口コミから学ぶ!どこでもプニまんSPDXをより気持ち良く使うコツ

どこでのプニまんSPDXは床オナの要領で使うこと、また洗浄が大変という声もあったので、次のような洗浄用品を活用することでより快適に使うことができます。

  • オナホパウダー、ベビーパウダー
  • 穴の乾燥用の珪藻土スティック
  • 穴洗浄用のスクリューノズル

次の記事にも大型据え置きオナホールのメンテナンス方法が詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

<メンテナンスの記事>

また、本記事で出てきた「床オナ」専用オナホールである「床オナ式名器シリーズ」が気になったという方は次の記事もぜひ参考にしてみてください。

関連記事

そもそも床にペニスを擦り付ける「床オナ」は、やりすぎると女性の膣でいけなくなってしまったり射精障害を起こしてしまう可能性があるとされるオナニーのやり方です。 しかし、床オナをやり続けてきた人にとっては、それをやめるのは至難の技です。 […]