大型オナホのぷにあなDXはーどエディションは気持ち良い?口コミやレビューまとめ

メーカー EXE(エグゼ)
シリーズ ぷにあなシリーズ
種類 骨盤型(非貫通式)
サイズ 縦22cm、横21cm
重量 2.4kg
穴の数 2穴(アナル・ヴァギナ)
穴の特徴
  • ヴァギナ側:ぷにあなDXと内部構造は全く同じだが、ハード素材になっていることにより、ぷにあなDXではまったりだった挿入感や内部構造の味付けを強く感じることができるので、普段TENGAなど普通のハンディオナホールのような穴の挿入感を求めている人はこちらがおすすめ。
  • アナル側:アナル側もぷにあなDXと構造は全く同じだが、素材が硬くなったことにより、ぷにあなDXでは感じなかった有機ヒダをより明確に感じるようになっている。
ぷにあなDXはーどエディションの特徴
  • ぷにあなDXのハード素材タイプ
  • 貫通式で洗いやすい
  • ぷにあなDXに比べてヴァギナ、アナル側の穴の刺激がそれぞれ強くなっている

ぷにあなDX はーどエディション
の現在の価格を見る

※どのお店で買うのが良いのかが分からない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

ぷにあなDXはーどエディションってどんな大型オナホール?

「ぷにあなDXはーどエディション」はぷにあなシリーズの中でも特にロングセラーで売れ続けている「ぷにあなDX」の硬質素材バージョンです。

「ぷにあなDX」と造形、内部構造と全く変わりませんが、素材を硬くしたことにより、ぷにあなDXとはまた違った快感性能を持った大型オナホールになっています。

ぷにあなDXはーどエディションの主な特徴は、造形やメンテナンス性などは「ぷにあなDX」と同じですが、大型オナホールで一番重要な「挿入感」や「使用感」といったところが大きく変わっています。

特徴1:ぷにあなDXの硬質素材バージョン

ぷにあなDXはーどエディションは、ぷにあなDXの素材を硬くしたバージョンです。ハリなどがぷにあなDXに比べて若干上がっている感じです。

オナホ太郎
そこまで顕著に「硬っ!」という感じではありません。

 

ぷにあなDX
ぷにあなDXはーどエディション
ぷにあなDXふわとろ

ぷにあなDXを持っている方であれば分かるかと思いますが、ぷにあなDXは元々素材が柔らかい大型オナホールです。そのため、「ぷにあなDX」の挿入感は非常にまったりで刺激も普通に比べれば弱め、むしろそれが良いという評価を受けていました。

しかし、一方で強刺激を求める層からは、刺激がまったりしていて「挿入しても内部構造があまり感じられず、気持ちよくない」という辛口の口コミやレビューもありました。

ぷにあなDXはーどエディションは、造形や内部構造は一切変えずに、素材の硬度のみをあげることで、こういった強刺激を求める層の声に答えた仕様になっています。

強刺激と言っても、元々がまったりで刺激弱めですから、TENGAなどガシガシとペニスをしごくような内部構造を持つオナホールを愛用している人にとっては、普通のハンディオナホールのような刺激を得られるような仕様になっていると思った方が認識が正しいかと思います。

特徴2:ぷにあなDXよりも強い刺激を感じることができる

ぷにあなDXは、元々素材の柔らかさもあり、まったりした挿入感が特徴的な大型オナホールでした。硬質素材によりそれらの挿入感や刺激をより強くしたのがはーどエディションです。

ヴァギナ側とアナル側の穴構造は何も変わってはいませんが、素材が硬くなったことによりどちらの穴の刺激も「ぷにあなDX」に比べると強くなっています。

具体的に言えば、ヴァギナ側の穴はS字に湾曲した狭い穴をかき分けていきながら挿入をしていきますが、素材が硬くなったことによってかき分けて行く際に感じる上下左右からの素材の圧力が増し、敷き詰められた細かいイボが挿入初期の段階から感じられます。

ぷにあなDXの場合では、挿入当初、感度が高くない状態では、かき分けていく感覚はわかっても「多少イボがあるのかな?」程度でしたが、はーどエディションではそれが明確に感じられます。

一方で、アナル側は有機ヒダ中心の構造でしたが、正直ぷにあなDXでは全く刺激を感じないぐらいまったりしていました。しかし、はーどエディションでは、有機ヒダの刺激をしっかり感じる穴構造になっています。

オナホ太郎
と言っても、元々ぷにあなDXがまったり、弱めの刺激性能だったため、はーどエディションは強刺激というより、より一般的なハンディオナホールとかで感じる刺激になったという感じです。まったり仕様は元々初心者というよりは玄人向けの仕様なので、個人的にはこちらの方が普通にTENGAとか普通に売れ筋のオナホールを使ってきた人には合う仕様になっている気がします。

特徴3:ぷっくりしたイカっ腹、すじまんくぱぁ造形

造形はぷにあなDXと全く変わっていませんが、少し肌の色が濃く小麦色っぽくなっているという点が唯一違います。

ぷっくりと膨らんだ幼女特有のイカっ腹と、垂直にバシッと切れ目が入ったすじまん造形が特徴です。

すじまんをぱっくりと開くと、くぱぁと可愛らしい小陰唇がお出迎え。すじまんくぱぁ構造も興奮を誘う魅力的な造形の1つです。

オナホ太郎
「造形って重要?気持ちよければいいんじゃないの?」と言う方がいますが、大型オナホールにおいて造形は気持ちよさの度合いに直結します。なぜなら男性は視覚的に性的興奮を覚える生き物だからです。オカズがあるとないとでは、気持ちよさにだいぶ差が出てきます。大型オナホールはオカズがなくても大型オナホール自体がその場の臨場感だったり、背徳感だったり、オナニー時のエロさや興奮をかき立ててくれます。見た目でいかに興奮できるかによって大型オナホールの気持ちよさも変わってきますので、「造形で興奮するかどうか?ペニスが勃つかどうか?」は大型オナホールを購入する際に非常に重要な指標なのです。

特徴4:メンテナンスしやすい貫通式、バキューム感は工夫次第

こちらはぷにあなDXでも賛否が大きく分かれる部分ですが、ぷにあなDXとこちらも全く変わっていません。

ぷにあなDXはーどエディションでも、ヴァギナ側の穴とアナル側の穴がオナホール内部で合流し、逆側に抜ける貫通式の穴になっています。

普通のオナホールに比べると無次元加工(穴をがっつりペニスサイズに開けるのではなく、肉壁をかき分けてねじ込んでいく事を想定し、わざと切れ目だけにしたり、穴の幅を極端に狭くしたりする加工のこと)であるため、膣壁がペニスにぴったりとまとわりついてきやすい構造になっていますが、非貫通式に比べるとバキューム感は若干ですが弱めです。

しかし、反対側の穴にティッシュやキッチンペーパーなどの詰め物をする工夫によりバキューム感を改善することは可能です。

また、貫通穴なため非貫通穴に比べると洗いやすいのでメンテナンスしやすいという利点もあります。しかし、一方で貫通穴なので、プレイ中にローションが逆側の穴から垂れてきてしまうという事が起きますので、ティッシュやキッチンペーパーで垂れるのを防ぐなり、下にタオルを敷くなどで垂れ対策は必須と言えます。

このようにぷにあなDXで高評価だった部分と、低評価だった部分をそのまま受け継いでいるので、しっかりとそれを理解した上で購入するのがおすすめです。

特徴5:大型オナホ入門に最適のサイズ感

ぷにあなDXはーどエディションは大型オナホールの中では小柄なタイプで、サイズ感的にも重量感的にもエントリーモデルとして、入門用としてちょうど良いサイズ感になっています。

最初から巨大な7〜9kg級の大型オナホールを購入すると、その大きさや重量から取扱いきれないこともしばしばあります。さらには価格も数万円以上するので、1つの失敗が大きくなります。

このような事を防ぐためにも、始めて大型オナホールを購入する際は2kg程度の小柄なタイプの大型オナホールから始めるのがおすすめです。

オナホ太郎
ハンディオナホールを使っていた時にいわゆる「ゆる系」や「リアル志向」と呼ばれるタイプのまったり刺激のオナホールを好んでいた人であれば、「ぷにあなDX」で満足できるかと思いますが、TENGAやヴァージンループ、天下一穴など、いわゆる知名度の高い売れ筋商品を使ってきたという方であれば、はーどエディションの方が挿入時の快感性能や刺激の強さが合うのではないかなぁと個人的に思います。

ぷにあなDXはーどエディションの口コミ・レビューをまとめてみました!

まず、当サイトの管理人が使ってみたレビューは次の通りです。

オナホ太郎
ぷにあなDXと比べるとより挿入初期の段階から、ヴァギナ側は細かいイボ絨毯の、アナル側は有機ヒダの感触をペニスで感じとることができ、普通に気持ち良いです。ようやくヴァギナ側とアナル側の構造の違い、味付けの違いがわかった感じ。むしろまったりした挿入感だったぷにあなDXよりも、はーどエディションの方が癖が少なく一般的には「気持ち良い」と言われやすいのではないかなぁと思います。オナホール業界の中で強刺激と呼ばれるほど強刺激ではないです。元々が弱めなので、それが普通の刺激に戻ったと言う方が正しいですね。私は元々セブンティーンボルドーでもソフトバージョン、RIDEのふわとろ素材シリーズを元々愛用していたというのがあり、デフォルトのぷにあなDXの方が刺激の強さ的にはちょうど良いですが、普通にハンディオナホールを特に刺激性能など気にせず使ってきたユーザーとかであればはーどエディションの方がおすすめかなと思います。また、ぷにあなDXで指摘されていたローション垂れは結構あるので、個人的には反対穴にティッシュやキッチンペーパーを詰めることは必須。それでも垂れてくるので、ヴァギナやアナル側とは反対方向の穴の下に2つに折り畳んだバスタオルなどを置いておくとベスト。折り畳まないとローションが垂れた時に下にしみます。バキュームは、元々穴が狭く膣圧が強めの設計になっているのでそこまで心配しなくても大丈夫かと個人的には思いました。

しかし、オナホールを気持ち良いと感じるかは一人ひとり個人差があります。

そこで、ぷにあなDXはーどエディションに関するネット上の代表的なアダルト通販サイトの口コミやレビューをいくつか特徴的なものをピックアップしてまとめてみました。

まずは各アダルト通販サイトのぷにあなDXはーどエディションの総合評価です。

NLS ★4.75(MAX★5)
FANZA ★4(MAX★4)
Amazon ★4(MAX★5)
大人のデパートエムズ ★4.80(MAX★5)

※2022年1月時点

オナホールとしては比較的高評価です。

オナホ太郎
良い評価かどうか、作り物出ない評価かどうかの基準ですが、本当に良いオナホールは、★5が一番多くそこから★4、★3、★2、★1と数が徐々に下がってくるという評価になっていることが多いです。逆に★5と★1しかないなど極端な賛否両論があるような評価や、★3以下しか評価がないという場合には、もちろん評価数が少ないだけという可能性もありますが、少し注意した方が良いかと思います。

思い切って大型の物を購入しましたがとても良かったと思います。洗い等の手入れが大変ですが、自重がかなりあるため位置が安定していて使いやすいです。前穴はうねりのある形になっているのでゆったりと刺激を感じられ、じっくり楽しむことができました。後穴は強い締め付け感やイボがあるわけでも無いので実際に使ってみると期待外れ感がありますが、支配欲を満たしたり背徳感を得るのには良いと思います。

引用元:Amazon

オナホ太郎
このように満足されている方も多い様子でした。

以前普通のぷにあなDXを使用して、その際は「あんまり自分にはあわないなー」と思い直ぐに使わなくなってしまったのですが、はーどエディションという言葉の響きに惹かれてつい購入してしまいました。はーどエディションという割には期待していたほどのハード感は無いですし(自分がオナホールの柔らかさの基準を知らないだけかも知れないですが)

引用元:Amazon

初めて大型オナホというものを購入しました。
通常版のぷにあなDXと迷ったのですが、一般的なオナホールの
硬さではあまり満足できなかったので、ハードエディションにしました。
また、想像以上に柔らかかったです。
言うほどハードではない感じです。

引用元:NLS

オナホ太郎
上記口コミのように、「思ったほどハードではない」という口コミや「思ったより強い刺激ではない」という口コミやレビューが多かったように思います。当サイト管理人が使ってみても決してオナホール業界で強刺激と呼ばれるほどの強刺激ではなく、元々が弱めなので、それが普通の刺激になったというのが正しいと思います。

造形や大きさは言うまでもなく最強です、感触や内部も良好で硬さはそこそこです
欠点はメンテナンス性でしょうか
特に前の穴は非貫通且つ内部長が長く洗い難いです
非貫通なのは良いのですがメンテナンス性から奥行き13センチ前後であればと思います

引用元:FANZA

使い心地は悪くないのですが、やはり据え置き型ホールということで手入れのしにくさ、そして匂いがかなりします。

引用元:Amazon

貫通であることが欠点だと思いました。どうしても貫通式だと射精したときに後ろの穴から色々と漏れてきてしまい、後処理が大変になってしまいます。ですが、穴をふさげば十分解消できる内容なので、大型ホールの入門としては十分満足できるものでした。

引用元:大人のデパートエムズ

メンテナンス性(洗浄、乾燥、保管)やローション垂れなどに関する点はぷにあなDXでも多数指摘されていた点なので、はーどエディションでもそういった指摘が多かったように思います。

オナホ太郎
まぁメンテナンス性や油っぽさ、匂いなどは大型オナホールでよくある欠点ですから、絶対につきものです。そのため、これらがない商品を探すよりもむしろ快感性能にのみ重点を起き、これらをあとで工夫でなんとかすると言う方が大型オナホールの幅が広がるかなぁと個人的に思います。

【購入者からのアドバイス】ぷにあなDXはーどエディションをより気持ちよく使う方法

ぷにあなDXはーどエディションを買ったからには、より気持ちよく使いたいもの!

次のような工夫で、ぷにあなDXはーどエディション使用時の興奮度を高め、より気持ち良い射精をすることが可能です。

見た目の興奮度向上 パンツやショーツを履かせれば、より「作り物感」がなくなり、リアルで生々しい印象になり、興奮度も増します。見た目の興奮度向上は、気持ちよさの向上に直結しますのでおすすめです。ぷにあなDXはーどエディションの場合は、普通の女性サイズのパンツでは大きいです。園児用の90サイズがジャストサイズ、100サイズで憧れのパンツずらしプレイが無理なくできるといった感じです。園児用パンツでは興奮しないと言う方であれば、園児や小学生用の100サイズの水着、大人用であれば、ローアングルティーバックやハーフバックなど極小サイズの布面積の少ないパンツがおすすめです。
穴を温める 女性の膣温は大体37度前後に保たれていて温かいです。より臨場感や挿入した時に「挿入してる!」という感覚を出す上で、穴を温めるのは重要です。オナホウォーマーなどでローションを入れたあとに穴を温めてから挿入してみるとより興奮度がまして、気持ちよく射精ができます。

ぜひ、みなさんも色々工夫してせっかく買ったぷにあなDXを気持ちよく使い倒してみてくださいね!

【2021年最新】大型オナホール人気ランキングTOP20
ランキングを見る
【2021年最新】大型オナホール人気ランキングTOP20
ランキングを見る