お尻フェチ必見!尻型オナホール「ヒッパー」シリーズの魅力

大型据え置きオナホールの中で、特に尻好き、尻フェチにおすすめなのが尻型の大型据え置きオナホールです。

尻型の大型据え置きオナホールとは、女性が四つん這いになりお尻をこちら側にツンと上に突き上げている状態を模ったオナホールのことで、バックプレイ専用になります。

バック専用という制限付きですが、尻を両手で掴んみながらガンガンつける上、ツンと上向きの尻を愛でながらプレイできるのが最大の魅力です。

そんな尻型の大型据え置きオナホールの中で、リリースから時間が立っているのにもかかわらず人気なのがQUINBEE(クインビー)の「ヒッパー」シリーズです。

重量は大きさなどによって「メガヒッパー」「テラヒッパー」「ギガヒッパー」と3ツノシリーズがあります。

随分前に販売された商品なので、ベタつきやオイルブリード(におい)はありますが、口コミ評価が高く、今でも尻好きに愛されているロングセラーオナホールです。

メガヒッパー

「ヒッパー」シリーズの第一弾。

重量は約2.6kgで、小学生のお尻ぐらいのサイズ感、後ろにツンと突き出したお尻と、そこから見えるビラビラの小陰唇といったリアルで生々しい造形が最大の特徴です。

2008年と、かなり前に開発された商品故に、油っぽさやシリコンならではの臭いはあるので、その点だけベビーパウダーをまぶしたり、使用前にボディーソープで数回洗ったり、対策をしっかりしておきましょう。

ヴァギナ側、アナル側、特にヒダなどペニスを刺激する構造がなく、スルスルヌルヌルと言った今のオナホールのトレンドからは外れる超まったりな挿入感です。

ただ、ヴァギナ側とアナル側の穴が内部で繋がっているため、バキューム感は弱く、少し吸い付きは弱い印象です。

メガヒッパーの良い口コミ

・造形と挿入感がとってもリアルで気に入っています。欲を言えばもう少し大きければベスト。


・貫通型なので洗浄が楽。オブジェとしても興奮できる一品です。

メガヒッパーの悪い口コミ

・臭いが結構きつい。


・刺激がかなりまったり目、床オナとか刺激がないといけない人はもしかしたらいけないかも。

ギガヒッパー

「ヒッパー」シリーズの第二弾。

重量は約2.6kgと前作の「メガヒッパー」からサイズ感や造形は変わらず、内部構造が変更されている点、Tバックが付属している点が大きな変更点です。

内部構造はイボが中心の構造になっており、適度な締め付けとイボによる刺激が古い商品でありながら口コミで高評価を得ています。

重量は尻型オナホールの中では少し軽めですが、安定感があるので手を使わずに腰をグラインドさせてプレイすることもでき、プレイの満足度が高い商品でもあります。

2009年に販売された商品であり、かなりマニアックな要素が強いですが、評価が高い尻型オナホールです。

ギガヒッパーの良い口コミ

・尻が局部にあたる時の感触がいい!


・臨場感ならメガヒッパー、刺激ならギガヒッパーがおすすめ。

ギガヒッパーの悪い口コミ

・臭いが気になる。手に臭いが残る。


・柔らかさがあだとなって固定しづらいので、腰振りプレイが個人的にはしにくい。

テラヒッパー

テラヒッパーは、「ヒッパー」シリーズの第三弾。

前作、前々作に比べて重量が約4kgと増えより成人女性の実物大サイズに近づいただけではなく、内部構造も大きく変わっています。

前作の「メガヒッパー」から付属するようになった、パンティーが今回も1枚ランダムで付属しています。

アナル側の穴はヒダが中心のほぼ直線構造、ヴァギナ側はイボとヒダが組み合わさった構造になっていおり、違った味付けが楽しめるようになっています。

また、ヴァギナ側は「極上生腰」のように肉を掻き分けてペニスを突っ込んでいくような挿入感となっており、その挿入感がかなりリアルだと口コミでは高評価を得ています。

こちらもかなり前に販売された商品でありながら、未だに売れ続けているロングセラーオナホールです。

ただし、古い商品なので油っぽさや臭いなどはあります。

その点はしっかりと事前にベビーパウダーや、ボディーソープで洗ったりと、対策をしておくことをおすすめします。

テラヒッパーの良い口コミ

・想像よりも大きかったが、かなり造形がリアルで初めて手をつかわずにホールのみでいけました。


・結構大きくて本当にバックしているかのような臨場感がすばらしい。


・購入してから5ヶ月以上経過しているが、ほとんど劣化なく使えています。


・ギガヒッパーやメガヒッパーのようにタトゥーがないのが良い。

テラヒッパーの悪い口コミ

・やわらかいが故にしまりが少し物足りない。


・油っぽさや臭いがきになるので対策品は買っておいた方が良い。

尻好きにはおすすめのシリーズだが、臭いやベタつき必須!

今現在のオナホール業界では、大型据え置きオナホールの長年の課題である臭いやベタつきをどのように抑えるかの対策が徐々に進んできており、最近のオナホールは臭いやベタつきはだいぶマシになったように感じます。

このQUINBEE(クインビー)のヒッパーシリーズは、どれも数年前に販売された古いオナホールなので、どれも臭いやベタつきがあるのはしょうがないと受け入れるしかありません。

しかし、尻好きにはたまらないリアルな造形と確かな射精能力は評価が高いので、ベビーパウダーやボディーソープでの洗浄の手間をとってでも買う価値はありと言えます。